サポートメニュー 建設業許認可業務

大規模工事を
個人で受注したい方へ

「“建設業許可”という言葉は聞いたことがあるが、よくわからない。」「手続きがむずかしそう」「時間がない」「そもそも必要なのか?」そんな声をよく耳にします。「建設業許可」とは、一定額以上の工事を請け負うために必要なもの。法律で決められていますので、規模を問わずさまざまな工事を請け負いたい場合は必ず取得しましょう。別会社からおりてきた仕事だけ請け負っていた方も、ご自身で直接受注し大規模な工事を行うことができます。
しかしこれは簡単に取れるものではありませんので、行政書士が取得をお手伝いいたします。最近は、自分の秘密基地や別宅を作りたいなど、趣味を充実させるために取得される方も少なくありません。

FLOW 建設業許認可業務の流れ

  • 初回相談

    お電話・メールによるお問い合わせの後、改めて面談させていただきます。初回相談は概ね2時間とお考えください。当事務所の担当者が訪問し、ご相談。建設業許可に必要な要件をお話したうえで決定となれば、ご準備いただく書類の説明を行います。
  • ご契約

    申請料・行政書士報酬のお振込み確認後業務を開始いたします。
  • サポート開始

    行政書士が申請書作成し、役所へ提出いたします。
  • 役所の審査

    許可の種類にもよりますが、約30日~45日(長いものは120日)ほど役所で審査が行われます。
  • 建設業許可取得

    許可通知書がご自宅へ郵送されます。

PRICE 報酬について

建設業関連報酬額

  • 許可申請(新規)・知事

    別途、¥90,000の法定費用がかかります。

    ¥150,000
  • 許可申請(新規)・大臣

    別途、¥150,000の法定費用がかかります。

    ¥200,000
  • 許可申請(更新)・知事

    別途、¥50,000の法定費用がかかります。

    ¥100,000
  • 許可申請(更新)・大臣

    別途、¥50,000の法定費用がかかります。

    ¥150,000~
  • 許可申請(業種追加)・知事

    別途、¥50,000の法定費用がかかります。

    ¥80,000
  • 許可申請(業種追加)・大臣

    別途、¥50,000の法定費用がかかります。

    ¥200,000
  • 許可申請(知事→大臣の許可変更)

    別途、¥150,000の法定費用がかかります。

    ¥170,000~
  • 許可申請(大臣→知事の許可変更)

    別途、¥90,000の法定費用がかかります。

    ¥150,000~
  • 経営事項審査申請・知事

    別途、¥24,000~の法定費用がかかります。また、経営状況分析申請を含みます。

    ¥100,000
  • 経営事項審査申請(経営状況分析申請を含む)・大臣

    別途、¥24,000~の法定費用がかかります。また、経営状況分析申請を含みます。

    ¥125,000
  • 変更届出・知事

    事業年度終了決算報告です。

    ¥40,000
  • 変更届出・大臣

    事業年度終了決算報告です。

    ¥45,000
  • 変更届出(役員)

    知事・大臣共通です。

    ¥30,000
  • 変更届出(令3条の使用人)

    知事・大臣共通です。

    ¥30,000
  • 変更届出(経営業務の管理責任者)

    知事・大臣共通です。

    ¥50,000
  • 変更届出(専任技術者・資格者)

    知事・大臣共通です。

    ¥43,000
  • 変更届出(専任技術者・実務経験者)

    知事・大臣共通です。

    ¥50,000
  • 変更届出(本店移転)

    知事・大臣共通です。

    ¥50,000
  • 変更届出(営業所の新設)

    知事・大臣共通です。

    ¥50,000
  • 変更届出(商号等その他)

    知事・大臣共通です。

    ¥30,000
※上記報酬額はすべて税抜き表記となっております。