ABOUT US 当事務所について

分かりやすい言葉でご説明
「どうすればいい?」
を解消

「ドキドキしながら問い合わせてみたものの、士業に相談するのは初めてだし、敷居が高そうだし、専門用語なんて分からないし…相談して大丈夫かな?」そんな心配、ご無用です。専門的で難しい言葉は使わずに、不安・質問・疑問には一つひとつ丁寧にお答えさせていただきます。

「具体的にどうすれば良いのか?」「どんなことをしてもらえるのか?」「時間はどれくらいかかるのか?」「費用はどれくらい必要なのか?」などすべてご納得いただいてから、業務に取り掛かります。無理に進めることは致しませんので、お気軽にご相談ください。

FEATURE 当事務所の特徴

「相続」でも「事業」でも
お金の問題には絶対の自信あり

FEATURE 01 「相続」でも「事業」でも
お金の問題には絶対の自信あり

代表の丸山は、飲食業界20年の経験を活かし「繁盛店開業支援マイスター」として、飲食業界に精通した「行政書士」となるべく日々研鑽を積んでおります。開業したら終わりではなく、豊富な経験・実績をもとに飲食的経営において陥りがちなワナを事前に察知しアドバイスいたします。
目指すのは、経営者にとって「転ばぬ先の杖」の存在になること。平均利益率8.6%と言われる飲食業界ですが、しっかりと利益の出せる営業を行い、2店舗3店舗と先を見据えた事業展開のお手伝いをしております。また、会社員時代の2度の倒産経験から、経営者には「経営に専念してもらう」「資金ショートによる廃業は絶対に避ける」を意識して、事業資金調達支援にも力を入れています。
建設業許可の取得を
手厚くサポート

FEATURE 02 建設業許可の取得を
手厚くサポート

建設業会で働かれている方・お知り合いがいる方は特にご注目ください。当事務所では建設業許可のメリットや要件について丁寧にご説明いたします。ご自身の別宅や秘密基地などを、新しい場所を開拓・冒険するようなワクワクした感覚で建物を建てたい!と取得される方も増えています。建設業許可に関しては、高柳 麻紀が担当いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

MEMBER メンバー

丸山 理

代表 / 行政書士 丸山 理 MARUYAMA OSAMU

経歴
1970年、神奈川県横浜市生まれ。現在、同県川崎市在住。1993年に日本大学法学部法律学科を卒業。その後は一般企業に入社し、横浜市内・東京都内で飲食業界20年・不動産業界10年を経験。さまざまな方との出会いを何よりも大切に、社会人生活を送る。飲食業界時代はアルバイト100名を率い、年商3億円の店舗を切り盛りした経験を持つ。その後、行政書士の資格を取得し、2018年12月「行政書士丸山理事務所」を開業する。相続・遺言・成年後見・事業資金調達サポート・建設業許認可・会社設立などの業務を通して、横浜・川崎の頑張る人と企業を応援する、「想い」実現パートナーとして活躍中。
保有資格・所属
【保有資格】行政書士・宅建士
【所属】日本行政書士会連合(登録番号18092501号)、神奈川県行政書士会、コスモス成年後見サポートセンター神奈川県支部
「人の想いを形にしたい」これは私が行政書士を目指した最大の理由です。大学卒業後、「誰かの役に立ちたい。困っている方にそっと手を指し伸べられる人生を歩みたい」とそう思ったんです。しかし実際は、両親にも、妻にも、子ども達にも、友人・知人にも、実にさまざまな方達にお世話になりっ放しの人生。「このまま終わってはいけない」そう一念発起して勉強を始めたのが40歳を超えたころで、試験突破までに足掛け6年を要しました。そして2018年、48歳で「行政書士丸山理事務所」を開業。
「人間、何かを始めたい」に遅すぎることはありません。これからも「人の想い」を何よりも大切に考え、現在の私に関わっていただいたすべての方に対する感謝を忘れず、そしてこれから先、お会いするであろう「あなた」のお役に立つべく、日々研鑽を積むことをお約束いたします。
そんな私が、特に力を入れているのが「飲食店開業支援」です。行政書士になるまでの間、20年以上という長い時間を飲食業界で過ごしました。その経験を活かして他にないサポートを行います。詳しくは、取扱業務にてぜひご確認ください!
高柳 麻紀

行政書士 高柳 麻紀 TAKAYANAGI MAKI

経歴
東京生まれ、横浜市在住。2019年度行政書士試験に合格した後、ベテラン士業グループに入り活動を開始。建設業許可や補助金申請、相続を専門分野とする。「大きな工事はできない・資金調達が難しい」と悩みを持つ建設業者様のサポートをしたい。建設業許可を取ることはその第一歩だと考え、相談に乗ったり申請の代行をしたりすることで行政書士としての役割を果たしたいと奔走中。
保有資格
行政書士(高柳麻紀行政書士事務所)https://makigyousei.com
生活に窮屈さを少々感じており、広い家での暮らしをずっと夢見ていた幼少期。その夢は私が大人になって結婚し、マンションを購入したことで叶えられました。当時の仕事は出産を機に辞め、2人の子どもに恵まれました。しかし離婚に至り、夢を叶えたマンションを手放すことに。それからはシングルマザーとなり育児に奮闘する日々でしたが、子どもが成長したころ広い住まいへの夢が再燃します。そして、生活の基礎である「衣食住」の「住」を担う建設業に携わる人と、建物・建築物に私たちは生かされていることに常に感謝して、建設業の発展に貢献していきたいという気持ちが強くなり行政書士を目指し始めました。独学での挑戦は2度失敗しましたが、3度目の試験で合格。これからは、建設業の発展に奮闘する日々を送ってまいります。建設業許可の取得をお考えでしたら、ぜひ私にお任せください。

MERITS 当事務所を選ぶメリット

  • 01. 横浜を熟知している
    代表の丸山は、横浜生まれ・横浜育ち。幼少時代から現在に至るまで、人生の8割を横浜で過ごしております。特に30代における10年間は不動産業界にいたこともあり、市内の道路という道路を知り尽くしております。それこそ、猫の道まで知っているかもしれません…!仕事でもプライベートでも長い時間を過ごして身についた抜群の土地勘と、移り変わる市場もずっと近くで見てきた肥えた目を持つ「横浜love」な代表が、横浜で創業・起業をお考えの方を徹底サポートいたします。
  • 02. お金の問題に強い
    財産相続・事業資金など、人生において「お金の悩み」は常について回るもの。しかし、専門家に相談すれば解決することも、一人で悩みを抱えている方が少なくないのが現実です。その原因は「相談すべき場所・信頼できる人が分からない」からではないでしょうか。当事務所は、ご自身の想いを尊重して答えを見つけますのでどうぞご安心ください。相続などプライベートなお金の問題は、高柳が女性ならでは視点で優しく包み込むように、創業・事業経営などお金の問題は代表丸山が、皆様一人ひとりに寄り添った形で、最善なご提案を行います。
  • 03. 来所不要
    ご相談者様のご指定の場所(ご自宅や会社近くのカフェなど)に当事務所の担当者が出向きます。もちろん日時もご都合の良い時をお申し付けください。わざわざご相談者様が当事務所までお越しいただかなくても大丈夫です。さらに、オンラインでのご相談にも対応しておりますので、「相談したいけれど時間が取れない…」「何度も店を離れるのはちょっと…」など来所が難しい方でもご安心ください。もちろん、対面・オンラインを問わずどちらも手厚くサポートしてまいります。
  • 04. オンラインによる「深夜相談可能」
    オンラインによる完全予約制にて、深夜の相談も承っております。現場の責任者となると、朝から晩まで仕事、休日もあるような 無いような…といったハードで不規則な生活を送っている方も多いことを経験上知っています。そんな頑張る責任者の方々の想いに応えるため、深夜相談を受け付けております。しっかり準備してアドバイスしますので、大事な時間を無駄にはいたしません。相談したいけれど時間が取れないといった方は、ぜひご利用ください!
  • 「ご相談者様の声」
    新型コロナ持続化給付金の申請をお願いしました

    神奈川県横浜市在住 Y.Kさん

    7年前に独立し、横浜市内で自営業を営んでいます。
    おかげさまで毎年前年比増の売上げを達成し続け、ようやく事業が軌道に乗ったと実感していた矢先、この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴う自粛要請により売上げが激減してしまいました。

    家族を養うという立場、そして先の見えない不安から思い悩んでいたところに「持続化給付金」の話が持ち上がり、調べてみたところ自分も対象になることが分かったのですが、ところどころ確認したいことなどもでてきました。そうして誰かに相談できないかと探していたときに、長年の付き合いがある知人にご紹介いただいたのが「行政書士丸山理事務所」さんでした。

    丸山先生は、知人の紹介どおり落ち着いた印象の方で、カウンセリングの段階からこちらの話をじっくりと聞いたうえで話を進めてくださいました。お聞きするのも恥ずかしいくらい無知な質問にも丁寧にお答えくださり、信頼できる方だと感じたので、その場で依頼をお願いすることにしました。

    実際の手続きにあたっては、まずは事前にどのくらいの金額を申請できるのかなどの概算を出して説明してくださり、都度きちんとこちらの気持ちを確認しながら進めてくださったので、小さな疑問もその場で解消され、不安に思う部分なども一切ありませんでした。また、準備する書類や記入の仕方なども細かく指導してくれたため、スムーズに手続きを進めることができました。

    持続化給付金を申し込んだ周囲の人からは、準備にてこずったり、書類の不備などで連絡があったりと、二度手間三度手間になったというような話も多く耳にしました。私はそのような思いをまったくすることなく手続きを行えて、給付金も無事に入金されたので、丸山先生にお願いして本当によかったと感じています。

    おそらく、持続化給付金のような手続きは、行政書士さんからすると割を食うような部類かと存じます。それでもとても親身に申請のお手伝いをしてくださったのは、大変ありがたく思います。
    打ち合わせなどでお会いしたときにおっしゃっていた「地元である横浜の中小零細企業に寄り添って、活性化を手伝いたい」という思いがご対応ひとつひとつから伝わってきたのも、同じ横浜を愛するものとしてうれしく感じたものです。

    個人経営は、不安なときに頼ったり、気軽に相談したりできる相手のいない孤独な商売でもあります。この度のご縁を機に、今後も行政書士丸山理事務所さんにお世話になりたいと思っています。