BLOG ブログ

試験に合格してから

試験に合格してから

3度目のチャレンジで行政書士試験に合格して、嬉しくてそれだけでお祝い気分でいました。我ながら頑張ったな~なんて。
でも実は試験に受かっただけでは「行政書士」になれるわけではないんですね。きちんと事務所を構え、『行政書士登録』をしないと、「私行政書士です!」とは言えません。さてさて、試験に受かることしか目標になかった私は、事務所のことや、(登録にはわりと大きな金額もかかります)行政書士登録をいつしようなど考えていませんでした。

合格してから半年余り、実務を勉強するのが先か、登録が先か迷っていた私ですが、Facebookであるセミナーを知り受けてみました。
このセミナーは、『まだ開業していない人でも大丈夫!先生と呼ばれる業種の人は誰でもビジネス開発ができます。』という趣旨の全6回の講座でした。単純な私は「これを受けるしかない!」と即決で講座に申し込みました。

6月から2週間に一度の講座が始まりました。まずは自分のことを自分で知る。普段自分について分析したり、過去の想い出を文章にして書くことはしませんが、講座ではまず、この自分を振り返ることを徹底的に思い起こすことから始まりました。(自己棚卸し)というそうです。長い文章を書くことは、もう何十年もしていません。自分の性格、長所、短所、一番嬉しかったこと、つらかったこと、どのようにそれを乗り越えたか・・・など質問に沿って自分の棚卸をしていくのは時間がかかります。最初の私にはそれがどう役立つのかわかりませんでした。試験勉強のように「覚えること」ではなく、「考えること」が課題になりました。

ずるずると悩んでいた私に「変化」が起こりました。

☆アスターの花言葉・・「変化」☆

つづく^^