何よりも大切なことは「わかりやすく、覚えやすい」ことです。

店名を考えよう

 

「お腹を空かせたあなた」
「お酒を飲みたいあなた」
「ゆっくりと、美味しいものを堪能したあなた」
「とにかく、お腹いっぱい食べたい、あなた」
TPOに合わせて、「お客様」は、色々なものを求めてきます。
その全てに、あなたのお店を合わせることは、不可能です。

 

あなたのお店の、最大の売りを、お客様に瞬時に理解して
いただける『店名』、それが、あなたが考えるべきものです。

 

考えてみてください。
あなたが、知らない店に入るとき、何を基準にお店のドアを開けますか?
外から確認できるものは、お店の外装・雰囲気、店名位ですね。
予め、口コミサイトなどを通して、情報収集している場合もあるかもしれませんが、
基本的に、一番の情報ソースとなるのは、

 

「店名」

 

店名ですよね。
つまり、店名の基本は、
「お客様にとって、わかりやすく、覚えやすい」ことが大切です。

 

お店の名前から、
「どんなお店なのかを、想像できること」
が最も重要と言えるでしょう。

 

具体的には、
店舗の業種やメイン食材をわかりやすく表現して、
尚且つお店のイメージを入れることが、
基本的な名前の付け方になるはずです。

 

そして、イメージを伝えるには、ショルダーネームと言うものを使います。
「手作り〇〇」
「自家製〇〇」
「産地直送〇〇」
「飲み食い処」
「なにわ炉端」
「隠れ房」
等々と言った、お店の情報をストレートに訴求する手段として使います。

 

店名を考える際に、ご自身のお名前の一文字を入れたり、
横文字を入れてみたりと、デザイン性を考えたものも見かけますが、
店名の基本は、「わかりやすく、覚えやすい」ということですから、
そのことを踏まえた上で、お店の看板となる店名を決めていく様にしてください。

 

店名・ショルダーネームとも、店舗のコンセプトを端的に伝えることが重要です。
実際に街へ出て沢山の店名を見てみましょう。

 

飲食店に限らずです。
そこで、「わかりやすく、覚えやすい」ものとは、どんなものか、
街中で実際に自分で体験し研究してみること大切です。