「業種・業態」をどうする?あなたのお店は、何屋さんですか?

コンセプトを決める上で、外せないのが、「業種」「業態」です。

「業種」「業態」とは、

「ラーメン屋」「うどん屋」「フレンチ」「中華」
「うなぎ」「鉄板焼き」「イタリアン」等、
わかりやすく言えば「〇〇屋」と表されるのが「業種」です。

 

そして、「どのように売るか」かが、「業態」です。
「ファミリーレストラン」「ファストフード」「立ち食い店」「居酒屋」「ビュッフェ」「カフェ」と言った感じです。

 

飲食業における、新しい流行の店舗は多くの場合、
「業種つまり、売る物」が特に新しいわけではありません。
いままであった業種を、新たな売り方(業態)で提供しています。

 

つまり、業態が新しい事例がほとんどです。
この、「業種」と「業態」の組み合わせの工夫で、店づくりの可能性も無限に広がっていきます。
既存の業種・業態で勝負するもよし。新規業態を開発して勝負するもよしです。
異業種とのマッチアップも視野にいれてコンセプトを作り上げましょう。